人生の岐路 うつ病と自分


うつ病認定現在進行中デザイナーのどうでもいい独り言


2013年08月

夢を見る

今日は朝起きてから調子が最悪だった。

そういう時は薬を飲んで眠る。
起きたばかりでも調子が悪ければ大体眠る。

眠ることが一番良い。
もちろん熟睡できればだが。

その為に自分は睡眠導入材と熟睡できる薬を処方してもらっている。

普段一日が調子が良くても夜眠ることだけは回復していない。
薬を飲まずに寝ようとしてもほとんど寝付けない。

薬を飲まずに寝付けたときもあるけれど、
そういう時はほとんど熟睡はできていない。

そしてそういう睡眠のときは決まって悪夢を見る。
起きぬけは最悪の気持ちで起きる。

どんな夢を見ているかはその時で違うので覚えてないが、
大体起きたときは汗びっしょりで気持ちが最悪になっている。

だから普段から睡眠導入材と熟睡できる薬は欠かせない。

薬を飲めばまだ熟睡できているから助かる。

思えば初め夜の薬を飲み始めたときは、
あまりにも効きすぎて朝起きれなかったり、起きれても半日は頭がボーっとしていた。
そしてまったく夢を見なかった。
もしくは覚えていなかった。

最近は同じ量の同じ薬を飲んでいるが、夢を見る時もあるようになった。
薬の効きが悪くなっているようにも思う。

それでもそれで眠ることだけは出来ている。

今日は調子が最悪だったからとりあえず寝たが、薬のせいか夢は見た気がしない。

昔は色々な夢を見たものだ。
夢の内容ではその日がとても調子よく送れたり、あまり気分が良くなく過ごしたり、
あるいは不思議な気持ちで過ごしたりしていた気がする。

でも今覚えているのは、あまり悪い夢とかでなく、不思議な爽快感や気持ちよく思えた夢の事のほうが多い気がする。

よく覚えているのは空を飛ぶ夢。
昔は何度も見たものだ。

夢の中の自分は空を飛べることが当たり前のように、歩く感覚で空を飛んでいた。
でもその感覚は自分の自由にできるジェットコースターのような、
気持ちのいいものだったように思う。
そういう夢を見た次の日は一日が楽しく過ごせていた気がする。

他にも内容は覚えていないが、その次の日が一日不思議な感覚で過ごせた夢もたまに見ていた。
自分的にはあの不思議でどこか楽しげになれた夢は最高だったと思う。
そんな夢を見た次の日は、まるで自分が何かファンタジーの主人公のような気持ちで一日を過ごしていた気がする。
もちろん現実ではそんなことは無いことはわかっているが、何か期待感のような物を持って一日を送れていた。
悪い記憶ではない。
楽しかったのだと思う。

でも今はそんな夢を見たくても見れない。
今は夢をみたらほぼ決まって悪夢だ。
だから薬を飲んで熟睡する。

熟睡できることはありがたい。
でも過去味わったあの夢の感覚、そしてその後の日の一日、それはできればまた味わいたい。
その為には薬が無くても眠れるようになりたい。

でも悪夢だけはどうしようもない。
なぜ決まって嫌な夢ばかり見てしまうのか。

自分がこんな状態だからか。

今日見る夢を自分でコントロールできたらいいのに。
夢くらいいい気分でいたい。

いや、そんなことを思う前にまずは人間として、生物として自然に睡眠を取れるようになりたい。
薬の力を借りずに。


にほんブログ村

最低な人間

自分は最低な人間だ。
死んだほうが世のためだ。

今日はどうもそんなことが頭をよぎる。

今日はだめだ。

きっと明日は。

ブログというもの

ブログというものについて考えてみる。

スマホは持っているが、ツイッターだとかフェイスブックだとか言うものを実際に自分で行ったことはない。
このブログも当然のように始めてである。

あまり他人のブログを覗いたこともない。

だからブログが実際何を目的にして皆がやっているのかはよくわからない。
かく言う自分もなぜやり始めたのか、やっているのかというとそれは前回くらいで書いてたと思うので割愛する。


ブログを始めて3日目。
日記目的であり、少しのストレス解消と暇つぶしとして書いているこのブログだが、
内容はとどのつまり独り言である。

そういえば昔HPを作ったことがある。
無料のサーバーを借りて、色々な事をやっていたはずだ。

その頃はまだネットも初心者で、HPを作るということが楽しかったように思う。
その中でやっていた事といえば、
自分の描いた絵を公開していた。
お絵かき掲示板をやっていた。
旅日記なんかもやっていた。
ゲームの攻略ページも作った気がする。

そしてその中には自分の独り言を書く項目も確かあったと思う。

ブログで何ができるのかまだよくわかっていない自分にとっては、その独り言の部分をやっているだけのような気もする。
というか実際今はそうだ。

色々と覚えれば、HPと同等のような事もできるのかもしれないが、自分にはまだその知識が足りない。
そしてそれを覚えてやってみたいという気が起きていない。

その頃やっていたHPでは確か、この独り言の項目の更新がもっとも少なかったと思う。
上記の通り自分は絵などを描いていた。
それがメインで始めたHPだったはずだから、当然そこに重点を置いていたんだと思う。

今はプライベートで絵を描くことがほとんどなくなった。

理由は自分が一番よくわかっているはずだ。
絵を描く事が大好きだったはずなのだが・・・

今は文章のみを書いている。

そんな独り言のみの今の自分のブログはなんとなくだがある行為に似ていると思った。

どこかの人がまったくいないような場所で自分の欲求や不満を大声でぶちまけているというような感覚だ。

それに対してたくさんの人が利用する掲示板に書き込むことは、
誰かに自分の事や自分の思想、趣味等を語っているような感覚になる。
いや実際にそういう事なのかもしれない。
当然、その掲示板の利用者の目に触れる。確実に。
反応はあるないにかかわらず。

その点ブログは見ようと思う人がいなければ見られることはない。
しかもブログは昨今大量に流出している。
だからこんな自分のブログを見る人などはほぼいないはずだ。
もし、仮にこのブログが数名の人たちに読まれるとしても、、
それは自分のこの状態がよくなっている時だと思いたい。

それに見ようという人はなにかしらその事柄に興味があるんだと思う。

見る人がいなくてもそれはそれでいい。
昔立ち上げたHPと異なるのはそこが一番だと思う。

だから分章にもなにも気をつけない。
今の自分のことを、後の自分が見れるくらいの文章で書いておく。

そういえば。
昔日記もつけていたような気がする。
それも誰にもいえないようなことを、ノートに走り書きのような感じで。

今にして思えば、それは今の自分と同じような感覚だったような気がする。
自分の今の状態や今考えていること、その時の思想とか。

あれは確か学校で使ったノートの余りに書いていたはず。
今どこにあるんだろうか。

多分このブログはその時の日記に似ている。

ありのままの自分を書いて憂さ晴らしをしていたような。
その頃は・・・・

いや、今はもうぼんやりとしか思い出せない。
でもそれがもし今ならば、うつ状態と診断されていてもおかしくないような頃だったような・・・

もしそうならば、自分の今の状態は過去乗り越えてきた事なのだろうか。
よくわからない。

いや、でも今のこの状態とはやはり違う。多分、だけど。

ただあのノートの所在は少し気になる。
たしか3冊程度はあったはずだ。

誰にも見られたくないノート。
親に見つかっていたりしないだろうか・・・
まったくわからない・・・

でもそうなると、
このブログもそのノートのように思う日が来るのかもしれない。

いや。もう既に読み返すことはしたくない。

だからこれまで書いた駄文を自分自身で読むことはないだろう。

自分はただなにも無い所に自分の鬱憤を叫んで憂さ晴らししたいだけなのだ。

多分このブログはそんなものだ。

昔書いたおかしな日記ノート。
これはそれと同じだ。

でもそれも相まってその後の正常な自分があるとするのならば、
いや、正常だったのかはまったく自信はないけれど、
それでも楽しかったと思える時期がその後に訪れているのなら。

今回だって、微量だとしても、こうやって面倒くさい文章を書いている意味もあるのかもしれない。
そう思いたい。

自分鬱状態をを書いてみる。

自分の鬱は、多分一番一般的な鬱だと思う。


集中することが出来なくなった。
夜眠れなくなった。
頭が割れるように痛かった。
頭が回らなくなった。
おまけにろれつも回らなくなった。
やる気というものが無くなった。
楽しいことが無くなった。
死にたくなった。
死のうとした。


でもそれは一番ひどかったときのこと。
今は多分良くはなってきているんだと思う。

でもまだ夜は眠れないし、前みたいにやる気も出てこない。

原因はストレスだったと思う。

一時は夜も薬を飲まなくても眠れたときもあったし、やる気も出たこともあった。

リバウンドして少し回復して今の状態。

自分は無価値な人間。だとも思う。


昔に戻りたい。
昔みたいになんでもやればできるんだと思いたい。
薬なんて飲みたくない。

でもまだ無理。


そんなのでもきっと環境には恵まれてるんだと思いたい。
だから、きっと。


こんなブログ誰も読まないとは思うけど、
万が一でも知り合いには知られたくない。


知っている人と会うときには自分は平静を装っている。

ちょっと夜ねむれなくて・・・
そんな程度。

でも、だけど、でも。

今はそんな状態。


ちょっと思ったことだけど、鬱病って診断されたけどそれって本当に治るの?
どこかで鬱病は「心の風邪」だという表現を見た事があるきがするけど。
自分は「心のガン」だと思った。

だってすぐ再発するし。全然治らないし。
治ったと思っても違う角度から再発する。
鬱で死ぬ人もたくさんいるみたいだし。


でも本当のガンの人ごめんなさい。
きっとこんな自分よりもずっとつらいんだろうから。


ああ・・・なんかもうだめだ。
もう考えがまとまらない。

自分が何を書いてるのかもわからなくなってきた。

結局何してるんだろう・・・・


タイトル

ブログって1日に何度も書き込んでいいものなんだろうか。

でも、今他にやりたいこともないし。

あとこのブログのタイトルを[人生の岐路]とした理由を、
今のうちに書いておかないと、忘れるかやる気を無くすかで書かないかもしれない。

別に書く必要性も無いのだけれど。


一応このタイトルにしたのは、自分の今は、
5年後や10年後、自分が正常に生きているかどうかの
分岐点にいると思ったからである。


このブログを始めれたのは鬱状態が落ち着いてきているからであろうが、
鬱になってから一年弱、今よりも調子がよかった時期もあった。


でも再発した。

そんな自分がこれから進む分岐点は大きく分けて三通りになると思う。



一つは
このブログや、なにかしらがきっかけで、
鬱を克服し、正常な人間として生きていく道。

一つは
結局鬱状態が続きつつも何とか生きているだけの道。

一つは
鬱に侵され、自死、もしくは完全に錯乱してもっと最悪な事になっている道。


細かくするともっと色々あるだろうが。
自分の鬱という事だけを考えるとこんな所か。

きっとそんな分岐点なんだと思う。

だからこのタイトル。


きっと正常になった将来の自分が見たら、
恥ずかしさで悶え苦しむだろう。
プロフィール
112monokuro


現在うつ病再発中
ブログ放置歴8年くらいの中の人
通院はずっと続けてたけど
再度酷い状態になり
休職をきっかけにブログ復活
画像は昔の私の作品

治療しながら現在は在宅で
デザインやムービー作成等々をやっています。
2012年の6月にうつ病発覚

使用中の薬
レクサプロ錠10mg×1
レメロン錠15mg×3
フルニトラゼパム錠 2mg「アメル」×1
ジアゼパム錠5mg×1
ソラナックス0.4mg錠
アモバン錠7.5 7.5mg
メッセージ
楽天市場