どうも。
間違った知識、アフターエフェクト編。

アフターエフェクトってのはアレです。
動画を作るソフトです。
以上。


いや、ほんとそう言うソフト。
まぁ、じゃあ、ちょこっと詳しく。

と言っても、実はアフターエフェクト(以下AE)に関しては、あんまり知りません。
最近本格的に覚え始めた、ってのが理由です。
だから、AEに関しては、もっと詳しいサイトがいっぱいあるのでそっちを参照で。

ここでは、AEとはなんぞやって事だけ書きます。

AEは、動画を作れるソフトなのですが、編集とかには向きません。
動画編集ならプレミア使いなさい、って感じです。(adobe系なら)

ただ、AEも極めると色んな事が出来ます。
と言っても、あくまで動画作成のソフトです。
編集のソフトでなく、作成です。

もちろん、編集的な事でも使えるんですけど。

でも、一から作れるのがこのソフトの醍醐味だと思います。
自分で絵を描いて、その絵を動画として作成出来る。
或いはAEの中だけでデザインを作って動画に出来る。

そんなソフトです。
もちろん、実際の映像とかとも合わせこむ事も可能です。

で、どんな事が出来るのか。

自分の場合は、フォトショップで作った画像をAEに持っていって動かします。
まぁ、それだけならそんなに難しくは無いです。
問題は、AEのプラグインの多さ。

基本、AEには標準エフェクトがいっぱい入ってはいるのですが、慣れてくるとそのエフェクトだけだと時間がかかるか或いは物足りないか、って事になってきます。
だから、有料のプラグインを入れるようになってきます。
しかーし、そのプラグインはとても多く、その上全部高い。
とにかく高い。
全部プラグイン入れたら、一体いくらかかるのか……。

まぁ、お試し版で試す事も出来るので、試してから必要そうだなって物を実際に購入します。
ただ、お試し版が無いプラグインもあったりします。
Optical Flares とかね。

で、そのAEを覚えるにも、元々AEはadobeの製品では無かったこともあり、ちょっとインターフェースが独特です。
おまけに動画ソフトですし。

光とかの表現をするだけなら、そんなに苦労はしません。
もちろん、本格的な光の表現とかをしたいなら、色々勉強しないとそれっぽくならないですが。

まぁ、この辺りは本職が動画の人の方がずっと詳しいです。

簡単に、物を移動するだけとか、そんな事なら簡単に出来ます。
任意の場所にキーフレームを入れて、トランスフォームをするだけですので。

でも、格好良い動画を作りたいって事なら、色々知識が必要です。勉強しないとまず無理です。

このAE、炎とか煙とかも容易に(いやちょっと大変かな)出来ます。
だから、静止画の画像に、煙を立ち上らせたり、或いは燃えさせたり。

でも、本格的な炎とかを表現するならば、ある程度勉強しないといけないです。

そして、音楽とかに合わせて動画を作る事も出来ます。
だから、PVみたいな物とか、そんな物も作れます。

それでも、標準プラグインでは限界を感じる事も出てきます。
そこで有料プラグインの登場です。
一番スタンダードなのは、Trapcode Particularでしょうか。
これ一つで、色んな表現が出来ます。

もちろん、それ相応の知識は必要になりますが。

そして、初めにコンポの解像度を任意の解像度とフレーム数にしておけば、4K対応の物も作れます。
ただ、そんな物だと今度はPCのメモリやらCPUやらGPUやらが必要になりますけど。

まぁ、AEに関しては語れるのはそんな初歩的な事です。
初心者はとにかくフラクタルノイズを追及して何がどこまで出来るのか。を追及する事からやった方がいでしょう。

でも、自分もまだまだ勉強不足。
だってまだ初心者なんだもん……。


にほんブログ村

にほんブログ村



人気ブログランキングへ