どうも。
寝逃げ。
これ、鬱病の人がよくやる手段です。
頓服飲んで、寝て、起きたらまた頓服飲んで、寝て。

自分の場合。
うつ状態の日。
起きる。
でも寝坊。
朝連絡だけする。
「今日無理ぽ……パタ」
寝る。
起きる。
頓服飲む。
寝る。
起きる。
頓服飲む。
寝る。
起きる。
夕方頃になっている。
睡眠薬を飲む。
寝る。
夜中に起きる。
頓服飲む。
寝る。
次の日になる。

こんな感じ。
これが寝逃げ。
普通には寝れないから、薬で寝るんです。
大抵の人は頓服を貰っています。
自分の場合はソラナックスでした。
で、これ、緊張した体がリラックスします、って言うのが本来の効果で、肩こりの人とかも使う薬です。
副作用、眠気を伴います。他にも色々あるけどね。
服用後、車などや精密機器の操作は絶対に行わないでください。と注意書き。
眠くなるんです。
けどね、これ正しい用法では無い。ってのが注意。
夜寝れないので、これ飲んで寝てますって言ったら、医師からは

「この薬は夜寝る薬じゃ無からっ! 寝れないらな別に睡眠薬出すからっ!」
 
って言われて、今は夜にフルニトラゼパムとジアゼパムと他二種類を処方して頂いてます。
前はちょっと違う名前だったけど。
どんどん変わってるね。薬が。
量は変わってないんだけど……。
で、寝る為の頓服としてさらに別にルネスタ錠を貰ってます。
前のアモバンですね。
こいつは効くぜ、まるで意識を鎌で刈り取られたような気分だぜっ、ってくらいすぐ寝る、時もあったニャー。
こっちの頓服はどんどん効きが悪くなるのがちょっとデメリット。
最初の頃はほんと、こいつは効いたぜっ、まるでホワイト・アルバムで超低温で静止したかのようだぜっ! ってくらい、パタリと寝れてたんですけど。
最近は、効くのが遅い、ってか本当に効いてんのか、って思う。
まぁ、今の所は頓服はそんなに飲んでないからいいけど。
アモバン、今も他では処方されてるのかどうかしらないけど、今はルネスタ。
こいつぁくせーっ!
じゃない。こいつは苦いって副作用がありました。
ルネスタになってそれが軽減されましたけど。
いや、ほんと、苦いのレベルではなく、飲んだら次の日、水も空気もなにもかもが苦いと言う……。
凄かった。
こいつぁにげーっ! プンプン苦さが湧いてくるぜぇーーーっ! 用法が違うな。

あ、大分逸れました。
いや、良いのか。
まぁ本題としては、寝逃げは個人的にはそれでいいと思うよって事です。
そりゃあね、規則正しい生活が出来ればそっちの方が良いのは判ってます。
でもね、うつ状態はそれが出来ないの。
私の場合は更に不眠症も相まってね、色んな寝れるって言われる方法やっても寝れないのね。薬以外では。
そして起きていると、悶々と悪い事ばかり考えてしまう、と言うか思い浮かべる。
さらに動きたくても動けない。
体が言う事を聞かないの。
だから、寝逃げはある意味正しい選択だと。
まぁ、それ正直に医師に相談しましょ。
そしたらそういうお薬くれるから。
周りはね、そんな薬飲まされて、一日朦朧とした状態で可哀そうとか言う人も居るんですけど。
そういう状態の時はそれで良いと思うのね。
だって私はそういう期間があったから、今ではある程度動けるんだし。

悶々と、悪い事ばかり考えてしまううつ状態で起きているくらいなら、寝てしまって良くなるまで待ちましょう。

ってな事で。
悪化するから。
これも、鬱病を克服する過程だと思えば、ね。
寝逃げしちゃおう。
そして、それを周囲が認めてあげて欲しいですね。
これも症状と治療の一環だって。

これが……
ザ・寝逃げだ……
おまえは自分が寝たことにさえ気づいていない

みたいなスタンドください、DIO様


にほんブログ村

にほんブログ村



人気ブログランキングへ